いぼ切除で悩みを解決【見た目を気にする方にはお勧め】

気になるのなら除去を

女性

いぼは、顔にできたとしても体にできたとしても、厄介な存在となってしまうことが多いです。もしも、いぼが邪魔ならば、数多くの美容外科や美容皮膚科があるクリニックを比較して、綺麗に切除してもらえるところを見つけましょう。

美容皮膚科の治療内容

顔を触る人

レーザー照射か手術で

一般の皮膚科でいぼを切除するには、液体窒素で凍結させる方法がよく用いられます。この方法は保険が適用できるというメリットがある反面、大きないぼは何度も繰り返して治療する必要があり、時間がかかることがデメリットです。また色素沈着を起こしたり、跡が残ったりする恐れもあります。美容外科や美容皮膚科では切除した後の仕上がりを大切にしているため、なにより見た目を気にする方にはお勧めです。多くの美容外科では、いぼの切除に炭酸ガスレーザーを使用しています。脱毛やシミとりに使用するレーザーとは種類が違うので、適応しているかどうか確認しましょう。炭酸ガスレーザーは皮膚の水分に反応して高熱を発生し、患部を蒸発させてしまいます。といっても局所麻酔を行うので痛みを感じることはありません。ほとんどの場合は1回の照射で治療が終わりますが、根が深い場合は2回以上かかることもあります。1回で取り切ったように見えても、根が残っていると再発する恐れがあるため、見極めるのが難しいところです。数多くの症例を経験しているドクターなら、どんないぼにもきっちりと対応できるでしょう。また再発した場合に無料で再施術を受けられるクリニックもあるので、アフターフォローについて問い合わせておくことが大切です。レーザー治療は1ミリ程度の小さないぼなら、1つあたり5000円ぐらいが相場になります。大きかったり数が多かったりすると料金も高くなります。まず見積もりを取って、明確な料金を提示してくれるクリニックを選びましょう。レーザー治療は短時間で施術が終わり、いぼの部分だけを切除できて傷跡も残りにくいとされています。しかし直径5ミリを超えるような大きないぼだと、かえって完治するまでに時間がかかる場合があります。そうしたときは美容外科でもメスを使って切除し、縫い合わせる手術を行います。もちろん麻酔を使うので痛みはなく、ごく短時間で終わる手術です。施術の後はテープなどで患部を保護し、1〜2週間で抜糸を行う必要があります。短い傷跡は残りますが、時間が経過すれば目立たなくなります。形成外科を専門にしているドクターなら、ほとんど傷を残さずに縫合することができるでしょう。レーザー治療と比較した手術のメリットは、1回で完全に除去できることや、保険適用になる場合が多いことです。無論クリニックが保険を取り扱っていることが条件となります。このほか小さいいぼなら、麻酔を使わずに医療用のハサミで切り取ってしまう治療法もあります。保険が適用され費用が比較的安いので、再発を繰り返す場合には向いているでしょう。ただしある程度の大きさになれば、やはり傷跡が気になります。数にもよりますが、綺麗に治したいならレーザー治療がお勧めです。なおレーザー治療に副作用はほとんどありませんが、妊娠中の方や皮膚病の既往症がある方、敏感肌の方などは施術を受けられないことがあります。患部の状態による向き不向きがあり、治療方法によって痛みの強さや完治までの期間も異なるため、まずは医師と十分に話し合って施術プランを決定してください。

感染した時の対処について

医者

いぼができるほとんどの原因はヒト乳頭腫ウイルスに感染する事からです。増殖や増大する前に、早めに医療機関で切除や治療を行う必要があります。様々は治療方法がありますが、感染症治療なので保険適用で費用負担少なく受けれます。

種類によって治療が変わる

看護師

いぼの施術は専門医が一番ベストな方法で切除してくれます。痛みも最小限に抑え、術後の跡を最小限に抑える事が出来る自由診療での治療がおすすめです。特に美容外科での切除は最大限にきれいに取り除くことが出来る事を考えて選択します。