いぼ切除で悩みを解決【見た目を気にする方にはお勧め】

  1. ホーム
  2. 感染した時の対処について

感染した時の対処について

医者

対処方法や負担額

いぼはヒト乳頭腫ウイルスが皮膚に感染してできるので、頭や肘など全身どこでも発生します。放置しておくと時間をかけて増殖や増大するので早めに対処する方が良いと言えます。大きくなると毛細血管を巻き込んで対処時に痛みが伴う様になるからです。いぼの対処ですがメスで切除する方法は基本的に行いません。勿論後述する方法ではなかなか治らない場合はメスでの切除は検討されますが、レーザーや液体窒素でウイルスを死滅させる方法が一般的です。ヒト乳頭腫ウイルスが原因のウイルス感染症なので治療は保険適用です。皮膚科で治療を受けることができ、液体窒素では750円〜1000円程と安く治療ができます。液体窒素での治療は基本的な手法であり多くの皮膚科で用いられています。大きさにもよりますが1回で取り除く事も可能で、かさぶたの様になり小さくなるか勝手に取れます。同じく保険適用の電気メスでイボを焼き切る治療法で、麻酔を使用するので痛みは液体窒素よりありません。こちらも1回1000円程の負担になります。切除するので一時的に皮膚がへこんだ状態になりますが、1週間ほどで目立たなくなります。液体窒素も電気メスも1回では難しい根が深いいぼには、1週間ほどあけて再度施術を行います。保険適用外の治療方法もあり、炭酸ガスレーザーがあります。痛みは少なく跡が残り難いメリットがあり利用する方も多い治療方法です。保険適用の治療では根治が難しいいぼに効果的です。1か所の部位で平均5000円からでクリニックにより費用に開きがあるので事前確認は必要です。いぼはヒト乳頭腫ウイルスが原因ですが、健康的な皮膚には感染しません。多くは小さな傷や怪我の箇所から侵入します。免疫が低下している時も感染する確率が高まりますので、子供や高齢者は注意が必要です。感染経路は様々ありますが、温泉や銭湯で感染する方が比較的多いです。いぼは液体窒素や電気メスでの切除、保険適用外の炭酸ガスレーザー等で除去する事ができますが痛みは多様なりともあります。その為小さな子供の治療は難しい場合もあります。その場合は内服薬で治療していく方法もあります。保険適用の治療方法で、切除する様な治療方法の様に即効性はありませんが痛みを感じる事無く対処する事ができます。ヨクイニンという麦から抽出されたエキスを使用した漢方薬で、体の免疫を活性化させていぼを除去します。漢方薬なので副作用のリスクは低く、小さな子供でも服用する事ができます。1ヶ月で平均1300円程の費用負担で、3ヶ月程度は服薬して様子を観ていきます。小さな子供以外でも服薬療法は効果的です。液体窒素の治療と併用する事で再発予防する事ができます。ヒト乳頭腫ウイルスに感染しない為には、健康的な生活を送って肌のバリア機能を保つ事が重要です。強い紫外線を受けたり不規則な食生活や乾燥であったりは肌にダメージを与えます。免疫力を低下させない事と肌のバリア機能を保つ事が感染予防になります。いぼができると気になってストレスになります。市販薬でもいぼの治療薬はありますが自己判断せず医療機関で確かな診断を受ける事が推奨されています。ウイルス性ではない場合もある為です。