いぼ切除で悩みを解決【見た目を気にする方にはお勧め】

  1. ホーム
  2. 種類によって治療が変わる

種類によって治療が変わる

看護師

専門医にお任せ

いぼは、ヒト乳頭腫ウイルスが皮膚に何らかの形で侵入し感染する事で生じます。いぼのウイルスは正常の皮膚に感染する事はありませんが、小さな傷口があると感染する場合があります。治療は基本的には保険適用となります。液体窒素による冷凍凝固し排除する方法です。痛みが伴うデメリットがあります。また色素沈着の跡が残る場合があり、顔など目立つ部分には向いていません。炭酸ガスレーザーがおすすめの方法になります。治療後の色素沈着が非常に小さく抑える事が出来ます。但し治療費に関しては、保険適用外となり自費診療になります。いぼを自分ではさみなどを使用して切除しては危険です。悪性腫瘍の場合やウイルス性の場合などは取返しの付かない事態に発展してしまいかねません。いぼは必ず専門医を受診して切除してもらうようにします。美容外科クリニックを受診して切除する事も出来ます。大きさに合わせて治療法を選択します。1?を超える場合は、メスを使用して切除します。専門医がどのような種類のものか正しく判断してから治療に進みます。自由診療の場合は、よりきれいに取り除くことを大事にしていますので、安心して施術を受けることが出来ます。基本的には、根元から取り除く必要があります。根元から取り除かないと再発のリスクが高まってしまいます。治療方法によっては痛みを生じる場合があります。局所麻酔をしてくれることで。楽に治療を進めていくことが出来ます。他の治療方法としては、内服薬を服用する方法もあります。即効性はありませんが毎日続けることで効果が実感出来ます。女性の場合で、顔に出来たいぼは、美容外科クリニックを利用するケースが多いです。理由は切除した跡が気になるからです。目立つ跡が残ってしまわないように、よりきれいに取り除く美容外科クリニックは人気があります。自由診療ではありますが、一度に複数個、切除する事も可能なので、出来ているいぼの大きさや数によっては美容外科クリニックでの施術の方が安全でありリーズナブルな費用で済ませることが出来ます。顔にいぼがあるとメイクの際に気になります。また第一印象に大きな影響を与えてしまう可能性もあります。いぼが出来た際には、悪性腫瘍やウイルス性を疑い、まずは受診する事を頭に入れておくと安心です。大きないぼの場合は、メスやハサミを使用して切除しますので、傷跡の回復に時間がかかる場合があります。取り除くタイミングは自分で予定しておいたほうが安心です。例えば、イベントに参加する予定があったり、写真を撮る機会があったりする人など状況に合わせて切除を計画すると安心です。美容外科での切除を検討する場合は、事前にどこのクリニックを利用するか調べておく必要があります。複数個存在している場合は、比較的大きな病院を受診した方が良い場合もあります。クリニックによって導入している器具も異なりますし、料金も違います。また担当する医師の医療技術の腕前なども考慮して受診するクリニックを選ばなければなりません。夏場は日中紫外線も強くお肌のダメージが強い時期です。なるべく肌に負担をかけないようなタイミングで施術を受けると安心です。